派遣看護師として働くのに気合いとか覚悟とかいりますか?

      2017/10/15

どうも!毎度おなじみ毒舌ポンコツナースのホシです!

 

「正社員として働くことは致しません!」

そう決意して、派遣看護師と自営業で生活するようになって早2年が経ちました。

 

今日は「看護師のこれからの働き方と生き方」について、まじめに考えてみました!

                                             またまた猛毒を吐いちゃうかもしれません(笑)

 

 

 

今回は私の転職失敗談も交えて、仕事に疲れ切っている看護師におすすめの派遣ナースのお仕事についてお伝えしたいと思います。

 

 

看護師は真面目な人ほど行き詰ってしまう仕事

 

長く看護師を続けているアラフォー&アラフィフの世代はとっても生真面目で勤勉な人が多くないですか?

そんな性分がゆえに、頑張りすぎてバーンアウトする看護師の多いこと…

愚痴を垂れ流し過ぎて、厄介もの扱いになってる看護師の多いこと…

 

同じ看護師として、とても残念に思います。

そもそも論ですが~

 

師長になりたい!

看護部長に上り詰めたい!

 

という上昇志向がある人には、大きな病院で長年働くメリットは大きいと思います。

トップに上り詰めなくても、師長という役職に就くことができたら、有利な条件で簡単に転職できることでしょう。

 

私が若い頃は、仕事ができる人は「現場の仕事が好き」、もしくは「管理職にはなりたくない」という人が多かったですし、何よりも

 

仕事ができる=管理職 ではなかったんですよね。

むしろ現場の仕事ができない人が管理職になるもんだ。。。くらいの時代もありましたよ。

 

が今は、看護専門学校がどんどん少なくなって4年生の大学が増えたことで、お金がなくても学べて国家資格がとれる! 頑張って取得した資格を患者さんのために誇りをもって働く!というガッツのある女子はほとんどいなくなりました。

 

看護実習生とお話しをしていると「臨床には向いてないので市役所の保健師に」とか「幅広く学べて体が楽な循環器内科に就職希望」とか。。。

 

やりたいことがないから、やれること…

逆に自己評価が高すぎて、患者さんの存在をすっとばして、最初から管理職を目指す…

 

というような頭の良い学生が増えました(笑)

 

これからのアラサー&アラフォー&アラフィフの世代は、こういう↑人達が上司になっていく時代なんです!

っていうか、もうそういう時代になってることに気づかないと取り残されてしまいますよ。

 

 

2:6:2 の法則を知っていますか?

 

 

アリの世界のお話しですが、働きアリには 「2:6:2の法則」があるってこと知ってましたか?

全体を100として、20%が働き者のアリ、60%が一般的なアリ、残りの20%が怠け者のアリで構成されると言われています。

 

 

じゃあ働きアリを100揃えれば良いじゃないかって思いますよね?

でもその働きアリも結局、そのうち2割は働かなくなるというから「2:6:2の法則」は変わらないんです。

 

これ病院に当てはめてみて下さい!

仕事をしない怠け者ナースが誰かに仕事を振る(押し付けるともいう)ために、「患者さんのために」というもっともらしい理由をつける

働き者ナースは頑張って働く

 

この構図、人間社会でも同じですよね~

働きアリは全員メスで、卵を産む女王アリにエサを運ぶためだけに存在します。

寿命はたったの1~2年です。

 

看護師の仕事って、そこまで露骨じゃないにしても、体が壊れると続けられませんし、使い捨てに近いんじゃないかな?ってことは、私自身は若い頃から感じていました。

 

こういう世界に、いつまで夢や希望を持ち続けられますか?

 

 

看護師しかやったことないから 「他の仕事ができない!」

 

そうお嘆きのアナタ! そんなことで胸を張ってはいけません!

 

こういう考え方、とっても問題だと思うの。

これって、完全に思考停止してるってことです。

 

考えるとムカついたり、絶望しちゃうのがわかってるから、考えるの止めよう~ってのと同じなんだよね。

冒険して傷つきたくないから現状維持に甘んじてるという…

 

にもかかわらず 「私の能力はこんなもんじゃない」 とか妄想しちゃう人が多いこと。

えーえー、そうはいっても自分の能力はそんなもんか、それ以下なのが現実。

 

看護師はプライドが無駄に高い生き物ですしね。

もちろん、過去の自分も含めてですよ(笑)

 

だってさー、そういう高い高ーい目標設定させられて乗り越えてきた人種なんだよ。

プライドがなけりゃ、この仕事続けられない。

それほどキツイ仕事だということは、私自身よくわかってるつもりです。

 

 

でもね、

自分の性格なんか自分が一番わかってないものだし~

自分の適性なんか、自分が一番わかってないかもしれない。

 

今の人生変えたいなら、環境を変えるしかないと思うのよね。

 

 

ちょっと脱線するけど、看護師と給料の高さやプライドの高さで比較されやすいお仕事。

某空飛ぶお仕事の方で、妊娠すると休職扱いになるという会社の規定もなんのその、妊婦になったら地上勤務させてって裁判やってましたね。

 

私は妊婦さんの健康相談の仕事もしているので、そのお仕事の方たちにはよく遭遇します。

 

「誰でもできるような簡単な仕事なのに、空きがないからって休職なんですよ~」

って言う人が何人も続いた時には、心底ぶったまげたものです。

 

「私は何でもやります、やってみせます!」って心意気は買いますけどね。

基本的に、人の仕事をバカにする人ような人は、どんな職業についても人としてダメです。

 

人として魅力もないし、こういう傲慢な人たぶん仕事できないと思う。

(裁判起こした人はどうか知りませんけど)

 

看護師も一緒でしょ。

この職業の方たちとプライドの高さは同じくらいかも知れませんが、お給料は看護師のほうが格段に安いですからね。

 

この方たちは重いカートを押して機内サービスを行うという行為によって、腰痛は労災認定されます。

が、看護師は術後の体位交換とか、お年寄りや患者さんを抱えることで腰痛がない人のほうが少ない。

 

にもかかわらず、そもそも労災申請しないから認められない。

こういう自己主張しないのが美徳、とされる医療の世界は特殊だなって思います。

 

 

話はもとに戻りますが~

人として謙虚に生きていれば、他の仕事もなんとかやれるものです。

 

 

経理やエステティシャンなどもやってきましたけど、未知の世界って思いのほか楽しいです。

看護師同志だと10歳も違えば「私が新人の頃は」とか愚痴の一つもいいたくなりますが、異業種だと今時の若い子って、おもしろいわ~とか素直に思えるから不思議(笑)

 

今の人生に不満があるなら、環境を変える、付き合う人を変えることでしか人生変わらない!

これは間違いないです!

 

「そうはいってもやっぱ看護師辞めたくないでしょ」って思う人。

 

はい、そういう貴方におすすめなのが派遣ナースなんです!

看護師の求人・転職・派遣ならMC─ナースネット

 

組織に属する煩わしさもありませんし、働く期間も、働く場所も自分で選べます。

派遣看護師でも、敢えて組織に属したい人は単発派遣ではなく、短期や長期契約で派遣会社の社会保険に加入することもできますよ。

 

単発派遣なら試しに1回行ってみて良ければまた次も行きますし、1回行って合わないところは二度と行きません。

契約期間が決まってるならば、契約満了したら速攻でオサラバじゃー。

 

 

覚悟がないと派遣看護師で働き続けることは難しいのかな?

 

今は、もうただただ楽しく、スタッフさんが優しい、好きな仕事だけ選んでやってる私ですが、派遣看護師になった当時は色々な葛藤がありました。

もともとは家族を養うために、正社員として常勤看護師として働く覚悟で就職活動をしていたからです。

 

 

フルタイムの臨床現場なんて久しぶりでしたから、生活のためにはどんな辛い仕事も耐え抜くという覚悟をもって就職活動をしたわけ。

どんなにきつくても辞めない、耐えるという覚悟。

 

その覚悟が仇となり、ブラック訪問看護ステーションは人手不足で辞められずにずるずると1年ちょっと。

退職を願い出てから更に半年。

結果、給料の未払いだけでなく、ボーナスを一度も貰うことなく退職するに至ったわけです。

 

次の就職先も土日を含む2週間連続オンコール当番+通常の日勤で過労と不眠により仕事の継続が困難となりました。ここはお給料は良かったんですけどね~

 

失意のどん底で、正社員で働くまでの間、生活のために食いつなぐ目的で派遣看護師を始めました。

そうこうしているうちに、私にとっての覚悟とは

 

「正社員で働かないという覚悟」

 

のほうが必要だということが、はっきりとわかってしまった。

 

普通の考えとは真逆ですが、「常勤で働かない」

そう決めたら途端に気持ちが楽になりました。

 

よって、「派遣で働くのに覚悟がいるか?」と聞かれると、答えはNOです!

何も腹をくくらなくたって、ぜんぜん派遣看護師で生計をたてることは難しくありません。

 

ただ派遣会社選びは重要です。

使い勝手の良さや、仕事量の多さはとっても大事。

 

それから事業所側と会社の信頼関係も大切だと思うのです。

安定した仕事の供給がなされているのか、これはとっても重要だよね。

 

 

そんで覚悟のない現在の私

 

一番最初のお仕事は、派遣会社の方に「とにかく不安がある」ことを伝えて紹介してもらった訪問入浴。

思ったより、肉体的にきつかったけれど病院や訪看と違って、ただただ喜ばれるだけのお仕事なので、一日の終わりは爽快な気持ちで終えることができます。

 

健診は経験者のみなので、昔は内科で心電図や内視鏡介助もしてたけどね、もう20年も前のことだからな~

健診は無理そう。

 

クリニックや保育園は風邪とか移っちゃいそうで、赤ちゃんに関わるお仕事をしている私には致命的なのよね…

 

色々試した結果、今はデイサービスやショートステイを中心に、たまーに訪問入浴のお仕事もしてます。

最初の頃はボーナスもないし、単発の一日一日の仕事が不安になったこともある。

 

しかし、ある時ふと気づいてしまったんです。

 

そもそも論ですが~

 

私には最初から覚悟なんて無かったんじゃね?

 

 

覚悟があったら正社員で働いてる(笑)

昔から、すきあらば自営業で何かやりたいと思っていたし~

時間に融通の利く働き方をしたいと思ってた。

 

だから、私には派遣看護師の働き方がぴったりなのよね。

 

 

派遣先では、たまに変なスタッフにあたってため息なこともあるけど、次は違う事業所に申し込めばいいし。

そこそこまともな生活もできて、何よりストレスがないってことが気に入ってます。

 

そんなこんなで、この記事の下書きはホテルのラウンジでモーニングしながら書きました。

 

 

そう私の趣味はカフェ巡り、それから自営業の部分はフリーの助産師&ブロガーです。

まあ、他にもちょいちょいお小遣い稼ぎ程度の副業もしています。

 

不安定な生活とは言っても、借金して在庫抱えるような仕事でもない。

健康な体と頭さえあれば自由な生活は送れます。

 

自由に生きてみたいけど、ムリムリ~と思っている人は、派遣看護師もお試しあれ!

 

登録はこちら≪MC─ナースネット≫

 - 転職のお悩み